夫婦のセックスレス脱却には「膣の引き締め」!

あの頃のように愛されるためのカラダのアンチエイジング治療法
  • 妻たちの体験談
  • セックスレスに陥りやすい時期
  • セックスレス夫婦の実態
  • 話題の「膣トレ」とは
  • デリケートなお悩み
HOME » 誰にも聞けない…女性器のデリケートな悩みと解決方法 » 小陰唇について

小陰唇について

このページでは、小陰唇に関する悩みや、その縮小法を紹介していきます。

縮小した方がいいの?小陰唇の悩み

女性器に関する悩みやコンプレックスのせいで、セックスに積極的になれない、という女性がいます。小陰唇の場合は、どうなのでしょうか。

小陰唇に関する悩みの代表「肥大」

女性器の悩みの中でも、最も多いと言われています。
小陰唇は尿道や膣の入口付近にある、左右一対の粘膜性のヒダ。大陰唇の内側にあります。
子供の頃は小さく目立ちませんが、成長に連れ次第に大きくなります。
肥大しすぎると大陰唇からはみ出したり、左右の大きさに差が出たりします。
着席した際に痛みを感じたり、排尿がスムーズに行えなくなるなどの弊害が出ることもあります。
また黒ずんだり、汚れが溜まりやすくなるなど、見た目や衛生面も気になります。

小陰唇の悩みを解決するには

小陰唇肥大の原因は、よくわかっていません。男性のペニスと同じく、女性器の各部位の大きさにも、個人差があるということなのでしょう。

自力で解決することはほぼ不可能なので、どうしても気になるという場合は、婦人科クリニックに相談しましょう。

クリニックで行われる治療法

縮小手術が行われます。余分な小陰唇を切除しますが、その程度に関しては、ドクターと患者の間で行われるカウンセリングで「理想のデザイン」について話し合います。両側とも1~1.5cm程度の大きさにするのが、一般的です。

手術は局所麻酔を使って行われるので、痛みはありません。また身体へ自然に吸収される糸を使用するケースが多く、抜糸や傷跡が残る心配はありません。ただし圧迫固定のむずかしい箇所なので、患部の腫れが1~2週間続くことがあります。

小陰唇縮小手術のDATA

【このサイトについて】
夫婦のセックスレス問題について、個人で調査した情報をもとに構成しています。
また、クリニックの施術メニュー・料金などの最新情報は、必ず各公式サイトでご確認くださいね。
サイトナビゲーター
私は本サイトの案内役。私にも、出産後に夫婦のセックスレスで悩んだ経験があります。一緒に、この問題について考えていきましょう。
女性のカラダの悩みに答えるクリニック一覧
夫が夢中になるカラダへ「膣のアンチエイジング」治療とは