夫婦のセックスレス脱却には「膣の引き締め」!

あの頃のように愛されるためのカラダのアンチエイジング治療法
  • 妻たちの体験談
  • セックスレスに陥りやすい時期
  • セックスレス夫婦の実態
  • 話題の「膣トレ」とは
  • デリケートなお悩み
HOME » 夜の夫婦生活が減った…セックスレスに陥りやすい時期 » 産後のセックスレス

産後のセックスレス

このページでは、産後のセックスレスについて考えています。

要注意!産後のセックスレス

夫婦のセックスレスは、社会的なトピックとして話題に上ります。「お互いがそれで良ければ何の問題もない…」。そう言い切れますか?パートナーが不満を持っていたり、その不満を外に向けてしまうと、家庭崩壊の直接的な原因につながってしまいます。

特にセックスレスが発生しやすいのは、産後です。1ヶ月程度(子宮の状態にもよる)で再開は可能ですが、さまざまな理由から、セックスに積極的になれない女性が増えるのです。

悪くすると「そのままずっと」という可能性もありますので、思い当たる人は今すぐ対策を。以下を参考にしてください。

心理的な問題

産後のホルモンやメンタルは、不安定。出産前はセックスに積極的だったのに、産後は全く…、と訴える女性は、意外に多いのです。またホルモンの影響で、しばらくは「濡れにくい」という状況が発生することもあります。出産後は女性としてより、母親としての役割に無我夢中。セックスなどどうでも良くなってしまっても、無理はないのかもしれません。

でもそうした急激な変化に、男性が付いていけない場合もありますので、態度は慎重に。「率直に話し合い、理解を求める」「セックス以外の方法で、夫への愛情や信頼を表現する」などの努力を忘れてはいけません。そして気持ちが自然に前向きになるのを、待ちましょう。

性器の問題

出産の際、会陰切開を伴った場合「性交の再開に不安を感じる」という女性は数多くいます。

一般的に、傷自体は1週間程度で治るものですので、大事をとって一定期間後にセックスを再開すれば、大きな問題はありません。とは言え、恐怖感が拭いきれないという場合もあります。

そんな時は「激しいセックスを控える」「ローションを使用し、円滑にする」などの対策を。ゆっくりと回数を重ねていけば、自然にトラウマも払拭されます。

容色などの衰えの問題

妊娠→出産を機に体型が崩れ、女性としての自信を失ってしまう場合があります。こうなると「夫に幻滅されるのではないか」という不安が先立ち、セックスに積極的になれません。授乳が始まれば、自然と体重は落ちていくものですが、たるみが残ってしまう可能性があるので、適度なエクササイズを忘れないようにしましょう。

また「乳首が黒ずんだ」「膣がゆるくなった気がする」という『性的に重要な部位』の変化に戸惑う女性もいます。どうしても気になる、という場合は専門医に相談するのも、一案です。

先生 【先生のコメント】

「赤ちゃんが隣で眠っているのに、セックスなんて、とんでもない!」と、母親になった女性たちは罪悪感を憶えることがあります。気持ちはわかりますが、その考え方は、少し極端かもしれません。なぜなら、夫婦が愛し合う姿は美しいものだから。必要以上に「汚らわしさ」を感じる人は、セックスそのものに対する考え方を、見直す必要があるかもしれません。

それから大きな問題になるのが、身体の変化。特に「膣のゆるみ」は実際に起こるもので、赤ちゃんを送り出した後はどうしても広がってしまうものです。出産後のセックスで、旦那さんが萎えてしまう、という事態も往々にしてあることです。

「膣のゆるみ」は放置していても元に戻らないので、改善のために努力を。毎日「膣トレ」をしてみてもいいし、劇的な効果を感じたければ婦人科クリニックで「引き締め施術」を受けてもいいでしょう。膣のゆるみが原因でセックスレスになってしまった方、セックスレスになってしまいそうな方は、ぜひ試してみて。

【このサイトについて】
夫婦のセックスレス問題について、個人で調査した情報をもとに構成しています。
また、クリニックの施術メニュー・料金などの最新情報は、必ず各公式サイトでご確認くださいね。
サイトナビゲーター
私は本サイトの案内役。私にも、出産後に夫婦のセックスレスで悩んだ経験があります。一緒に、この問題について考えていきましょう。
女性のカラダの悩みに答えるクリニック一覧
夫が夢中になるカラダへ「膣のアンチエイジング」治療とは